団塊世代の失業と再就職

団塊世代の人が定年退職した際、再就職はどうなるのでしょうか。まず、団塊世代というと非常にたくさんの人が該当しますが、多くの企業からこの世代の労働者がいなくなるという現象が起こります。

そうなると企業は能力の高い即戦力が欲しくなりますので、経験を積み、優れた能力さえあれば、定年後でも上手く再就職できる可能性はあるでしょう。また、ラッキーな人は定年後失業することなく、違った雇用形態にして今までと同じところに勤められるケースもあるでしょう。それから、勤めていた会社や知り合いから勧められる形で再就職先が決まるという人もいます。


これらの他、失業したあと再就職することなく、気ままに暮らしていくという人もいます。このように、同じ団塊世代の人でも定年後のライフスタイルというのは千差万別なのです。


ただ、定年での失業後、会社に残ることができず、さらに特に頼ることができる人もいない、長い経験、特別な技術や知識もないという場合、再就職は厳しいものになるかもしれません。もし決まったとしても、今までと同じような待遇は期待できないでしょう。前以上の条件を望む人もいるでしょうが、1から再出発するという気持ちで仕事をしないといけません。


また、定年を迎えて失業したあと、スムーズに再就職先が見つからないということもあるでしょう。しかしながら、再就職が決まりにくくても自分を卑下するようなことはしないようにしましょう。精神を病んでしまうことのないよう、楽しく定年後を過ごせるようにしたいところです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome