定年で失業した場合の再就職

定年を迎え、失業することになったなら、はじめに失業保険受給の手続きを行いましょう。どのぐらいの期間はたらいたのかによって失業保険の受け取りが可能となりますので、再就職先を探すという人も手続きをしましょう。

なお、5年以上に渡り失業保険の被保険者だった場合、60歳以降に支払われていた賃金が60歳のときの75%に満たない条件で勤務していると、高年齢雇用継続給付金の受け取り対象になるケースがあります。これは65歳になるまで受け取ることができるため、再就職をしたことがきっかけで収入減となった人は、自分が対象なのか調べてみるといいでしょう。


また、このぐらいの年齢の人が失業し、再就職をするとなると、よほど専門的な技術や知識があるか、ある分野の経験が豊富でないと厳しいといわれています。特に特別なスキルがないという場合、再就職したとしても収入など待遇が悪くなる可能性がありますので、ある程度不利なことがあるというのは甘受したほうがいいですね。


もしも定年で失業したとしたら、逆に簡単にできるアルバイトをして、収入は少なくなったとしても趣味の時間を楽しむというのもいいのではないでしょうか。生活が困窮しているなら話は別ですが、現役の頃と同じように無理をしてはたらかないというのもひとつの選択肢でしょう。


また、すぐに再就職先が見つからないという可能性も十分に考えられるため、途中で落ち込んでしまう人もいるようですが、良いところが見つかるまで焦らず求職活動をしていきましょう。好きなことをしたり、健康管理のために人間ドックを受けに行ったりと、他のことにも時間を使い、充実した日々を過ごしましょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome