定年を迎え失業する際の挨拶

定年を迎え失業することになった場合、まだまだ頑張れるという人は再就職先を探すことになりますが、失業に向けて再就職のことばかりに捉われるのではなく、やり残しがないようにしておくことが大事です。一体何をする必要があるのかというと、退職時の挨拶があるのです。

あまりこうしたことをする機会がないという人の場合、定年退職時の挨拶で何を話したらいいのかわからないという状態に陥りやすくなります。なので、ここはインターネットや書籍の力を借りて挨拶文の例をまずは手に入れましょう。


人によっては難しいかもしれませんが、例文のままだと面白みに欠けますので、ちょっとでもアレンジを加えるといいでしょう。また、社外で親交の深かった人や長年お付き合いのあった人には、メールやハガキで挨拶を行うと良いでしょう。ちなみに、このときにも例文が活躍してくれます。丸ごと例文をコピーするのは好ましくないため、何か思い出に残っているエピソードに関する話などを盛り込むとオリジナリティが出ていいのではないでしょうか。


なお、話すときもメールやハガキを使うときも、絶対にやってはいけないことがあります。それはネガティブな内容を盛り込むということです。会社や誰かを悪くいうなど不快に思われるような内容にならないようにしなくてはいけません。


この頃は定年を迎える前に失業し、再就職を余儀なくされる人が多くなっています。長く勤め上げたところで定年を迎えられるのは幸運なことですので、挨拶をしっかりと行って区切りをつけましょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome