定年延長のメリット・デメリットを知る

定年延長のことを知り、身の振り方を考えるのもいいのではないでしょうか。ここでは、定年延長のメリット・デメリットについて取り上げていきますので、参考にしてみてください。

今は年金支給年齢が引き延ばされたり、受け取ることができる金額も少なくなっているため、従来なら定年後に素直に失業する人がいたものの、なるべくなら定年の延長をと希望する人が多くなっているのです。企業側としても貢献度が高く業務のことを知り尽くしている人がいるのはありがたいという見方をすることが少なくありません。


定年延長のメリットは、今まで培ってきたものをより長く活かしていけるということでしょう。定年後の再就職は簡単にいかないことが少なくないですし、再就職を果たしたとしてもスムーズに業務をこなせるようになるまで長く苦労することになる可能性もあります。


逆に定年延長のデメリットとして指摘できることは、失業するタイミングがさらにあとになることから、そのあと再就職しようということになるとさらにハードルが高くなってしまうということでしょう。


ただ、年金に大きな期待を寄せられない今、年金に頼るより仕事をずっとしていくほうがマシという認識をする人もいるのではないでしょうか。正社員としての再就職は難しいとしても、アルバイトをしていく方法をとるという人もいることでしょう。


貯蓄と年金などで定年後は気ままに暮らすというのは憧れますが、定年延長やそのあとの失業、再就職で生涯現役というのも悪くありません。仕事をしないことで男性はとりわけ認知症を引き起こしやすいとされていますので、ボケ防止のために仕事をし続けるというのもいいのではないでしょうか。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome