年金延長者の場合の年金支払いはどうなるのか

失業や再就職のことはひとまずおいておき、定年延長者の場合、年金の支払いがどのような扱いになるのか知りたいという人もいることでしょう。これに関しては69歳まで支払いを続けなくてはいけないとされています。

厚生年金の場合、定額部分と報酬比例部分があるのですが、定額部分に関しては40年以上に渡り保険料の支払いを行うことが不可能となります。また、厚生年金の支払いを40年以上に渡り行ったとして、少しだけ報酬比例部分が多くなるぐらいなのです。


それから、60歳を過ぎてからも会社を辞めて失業し、再就職をするということをせず、厚生年金の支払いを継続するとなると、在職老齢年金の支給を受ける形になるでしょう。こうなると収入によって通常の老齢年金より金額が少なくなります。そのため、勤務先と話し合いをして時間や賃金を調整し、厚生年金の徴収対象に該当するのを回避する対策をしたほうがいい場合もあるのです。


また、65歳以降は全額の老齢基礎年金を受け取ることができますが、厚生年金部分に関しては、金額の調整が行われることになります。60歳以降に関してはフルタイムでの仕事をするのは得策ではない可能性があるでしょう。


失業したあとの生活に大きな影響を与える年金ですが、再就職をする人もいるなど、皆が同じ状況に置かれるというわけではないため、確実な情報を得たいときには社会保険庁や社会保険労務士に話をしてみるといいでしょう。その人次第では、高年齢雇用継続給付金の受給対象になることもありますので、自分で決め付けるのではなく、専門家の話を聞いたほうがいいのです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome