再就職を目指す人によって適したハローワークの種類がある

実は、ひとくちにハローワークといっても複数の種類が存在しているのです。このことを知らないという人は意外と少なくありません。もし、失業して再就職活動に取り組むということでしたら、自分に合った種類のハローワークを利用すると良いでしょう。

まず、ヤングハローワークという種類を挙げることができます。こちらは34歳以下の年齢の人たちを対象とし、就職のサポートをしてくれる施設です。若い世代の人で再就職を目指すということでしたら、ヤングハローワークに行ってみるといいでしょう。


この他には子供を育てながら働きたいと思っている人を対象としたマザーズハローワーク、管理職や専門職だった40歳以上の人などが利用するのに適した人材銀行、パートタイムで仕事がしたいという人へのサービス提供を行っているパートバンク、それからポリテクセンターと呼ばれる教育訓練施設なんかもあるのです。


また、ハローワークの出先機関という形ではありますが、学生職業センター・学生等職業相談窓口、農林漁業に就きたいと思っている人が有益な情報を得られる就農等支援コーナー、農林業等就職相談コーナーなども設置されています。


どこにあるのか、また何時から何時まで開いているのかなどはインターネットから情報を得ることができますので、失業して再就職先に困っているという人は、事前にチェックしてから行くと良いでしょう。失業したときには再就職までのあいだ雇用保険の受け取りに行く目的くらいでしかハローワークに行かないという人もいますが、せっかくならここで取り上げたような施設も有効活用したいところです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome