失業者にはありがたいハローワークの住宅支援

失業したことがきっかけとなって、ネットカフェ難民になってしまうという人がいますが、このような生活になると再就職に不利になるケースがあります。それしか方法がないと思い込み、ネットカフェでの生活を暮らし始めるという人は少なくありませんが、はじめから手がないと決め付けるのは良くありません。

まず、失業によって住むところまで失ったのでしたら、まずはハローワークを訪れてみると良いでしょう。ハローワークの住宅支援を受けることができたら、何もネットカフェでの暮らしをするようなことにはならないからです。


ハローワークの住宅支援の内容としては、社員寮や住み込み求人の紹介、雇用促進住宅への特例入居、公営住宅などへの特例入居、就職安定資金融資制度を挙げることができます。こんなに良い支援があるということを今までご存知なかったという人もいるのではないでしょうか。


特例入居の場合は敷金や連帯保証人が必要ありませんし、6ヶ月間の入居が可能など、再就職するためにはありがたい条件で暮らすことができます。また、就職安定資金融資制度は失業により住む場所がなくなった人に対し、お金の融資を行うというものです。担保や保証人を設定しなくてもいいのが魅力的です。


ただし、特例入居にしても融資にしても、満たすべき条件がありますので注意が必要です。相談時に確認するか、事前に詳細を確認しておくと良いでしょう。


住まいと資金という再就職に必要な支援を受けることができる可能性が残されていますので、失業後ずっとネットカフェに暮らすようなことをはじめから決断しないようにしましょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome