若者の失業者はヤングハローワークを利用するのがおすすめ

若者の失業者が再就職を目指す場合には、ヤングハローワークに行ってみると良いでしょう。各施設により異なりますが、35歳未満の人を対象にしていることが多いため、該当する年齢の人は再就職の支援を受けましょう。

なお、ヤングハローワークは全国に設置されていますが、名称は統一されていません。施設によってはジョブカフェやヤングジョブスポット、若者就職支援センターというように、ニュアンスは似ていても異なる名前になっていることも少なくありません。


どのような支援を受けられるのか、細かい点に関しては施設ごとに違いがあります。求人情報の提供をはじめ、就職関連の相談や職業紹介、企業の説明会や就職面接会の実施、パソコンを利用しての職業適性診断などは基本的に行われています。


また、ヤングハローワークでは、場合によっては就職カウンセリングを受けることができたり、ワードやエクセルを使いこなすための講習会に参加することができたりというようなケースもあります。さらに求人雑誌のチェック、履歴書の記載方法、面接への適切な臨み方など、再就職に役立つサービスを利用することができる場合もあります。


若者ならまだまだ失業しても再就職できる望みはありますので、何もしないよりは積極的にヤングハローワークに行ったほうがいいでしょう。わりと繁華街にあることが多いため、行きやすいのではないでしょうか。また、まだ失業していないという人も、将来的にしてしまった場合は利用を検討することをおすすめします。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome