失業には2タイプあるということを知る

失業する場合には、会社都合退職と解雇により仕事を辞めなくてはいけないということがあります。これらはいずれも雇われている人が悪いというのではなく、労働契約を取り消す原因が雇い主のほうにある場合が多いといわれています。

大抵、業績が悪化しているために人員を整理するのが目的、会社が潰れるために辞めてもらうのが目的ということになるでしょう。会社都合退職と解雇の違いというのははっきりしていない部分もあるのですが、単純に解雇だとイメージが悪いという理由で会社都合退職という言葉を用いていることも少なくありません。


なお、会社都合退職や解雇に該当する理由としては、無理矢理な退職勧告、いじめ、セクシャルハラスメント、結婚、出産、親族の死亡などを挙げることができます。失業保険を受け取るにあたり、会社都合退職や解雇のほうが条件が良くなりますので、これらに該当しないかチェックしてみると良いでしょう。失業保険の条件がいいと、それだけ再就職までの苦労が軽減されるからです。


また、他には自己都合退職という形がありますが、これは雇われている側としては不利な条件になってしまいます。雇われている人が退職届を提出する形で辞めてしまうと自己都合退職になってしまいますので、提出しないほうが無難です。


それから、再就職の際に自己都合退職のほうがイメージが悪くならないなどと話、退職届を書かせようと促してくるケースがあるといいますが、これにのってはいけません。自分の都合で辞めるのでないなら、良い条件で再就職先探しをするためにも、会社都合退職や解雇にしてもらうことが大切なのです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome