失業前に行う必要があること

もし、失業するかもしれない状況になった場合、行っておいたほうがいいことがあります。まず、そのひとつとして挙げられるのはクレジットカードに関することです。

利用を検討中なのでしたら、失業前に申請するほうが審査をパスしやすいからです。仮に失業し、再就職先が決まるまでにクレジットカードが欲しいと思っても、安定収入がない場合に作成することは難しいでしょう。


ちなみに、もし利用するのでしたら、年会費が発生せず、利用するとポイントが付与されるものなど、お得感のあるもののほうが利便性の高さを感じられるでしょう。ただし、再就職先の目処が立たない可能性もありますので、使い過ぎには注意しなくてはいけません。


また、ローンの契約をしたいという場合も、失業する前のほうが有利です。やはり失業中の人や再就職して間もない人がローンの契約を交わすのは難しいからです。ただ、返済できるかどうかわからないのにローンを組むのは支払いが滞る原因になるので、現状で貯蓄が少ない人にはおすすめできません。


それから、賃貸物件に引越すことを検討している場合も、失業する前でないと新たに借りることが困難になる可能性が高いです。家賃の返済が遅れるかもしれない人に、喜んで部屋を貸そうというところはまずあり得ないからです。


これらの他には、ボーナスを受け取ることが可能なところに勤務しているなら、ボーナス査定終了後に辞めることを伝えたほうが得策といえるでしょう。また、突如として辞めなくてはいけないような状況にない人は、12月の締め日に辞職したほうが確定申告などを行わなくても良くなります。また、有給休暇がある人も失業前に使いきりたいところです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome