失業保険と退職理由の繋がり

会社都合による失業、自己都合による失業のどちらに該当するのかによって、給付期間や給付金額に違いが生じるのです。結論からいうと、有利なのは会社都合による退職です。

というのも、会社都合で仕事を辞めた場合には、3ヶ月の給付制限期間がかけられないため、給付期間が自己都合の場合より長期化し、そのぶん給付金額も多くなるのです。再就職先が決まるまでの生活のことを考えると、会社都合のほうがいいでしょう。


自分が仕事をしたくないから自ら失業する、再就職先に行きたいから辞めるなど、自分の考えで辞める場合は自己都合退職の形になりますが、いじめなども含め、労働環境が悪い中で退職を余儀なくされるような場合はまず会社都合になるでしょう。


しかしながら、自己都合での退職を望まないのになぜ会社都合にならないのかというと、それは自己都合退職をするように会社側が促すからです。会社都合になると退職金を多く支払ったり、行政の助成金が削られたりなど不都合なことがあるため、自己都合退職にするように仕向けてくるというわけです。


当然、このようなおかしい要求をのむ必要はありません。会社都合退職に該当するようなケースの場合、頼まれても応じなくていいのです。また、残りたいと思う人もいるでしょうが、再就職をしたほうがいい場合もあります。会社都合に該当するようなケースでは、おそらく辛い思いをしているのはほかならぬ自分自身だからです。良い労働環境の再就職先を見つけたほうが、今後の自分の人生にとっていいと考えるのが得策でしょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome