失業保険と扶養の関係を理解する

結婚をきっかけに失業し、専業主婦として暮らしていくということになった場合、失業保険を受け取ることは不可能となります。なぜなら、失業保険を受け取るためには再就職をすぐしたいという気持ちがあり、実際に求職活動を行うという形でそれを証明しなくてはいけないからです。

また、失業保険を受け取りながら旦那様の社会保険の扶養になることを希望するなら、今後12ヶ月間の収入見込み額が130万以下であるという条件をクリアしなくてはいけません。収入見込み額には失業保険で受け取ったぶんも加算されますので、基本手当日額が3,612円以上の人は条件の130万円をオーバーしてしまい、扶養に入ることが不可能になるのです。


もしこの見込み額をオーバーするようなら、国民健康保険や国民年金へと切り替える手続きを自分で行う必要があります。なお、国民健康保険の保険料はお住まいの地域ごとに違いがあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。


仮に失業保険の基本手当日額の上限を超えているのに、旦那様の社会保険の扶養に入っていたという事実が発覚した場合には、ペナルティを受けることになるため注意が必要です。扶養申請の却下、扶養に入る資格すら失うことになるのです。これらの他、健康保険を使用したぶんの医療費に関して、返還請求を受けることになる場合もあります。


このように、失業保険と扶養というのは深い関係があるものですので、再就職をするつもりがある人も、再就職をするつもりがない人も、事前に詳細を知っておくに越したことはないのです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome