失業関係の本には何があるのか

今はいつ失業してしまうかわからない世の中ですし、現状で勤めているところを辞めたいと思っている人もいることでしょう。ただ、今のところ失業とは無縁と思っている人も、自分から辞めたいと思っている人も、知識を身に付けておかないと損をするかもしれません。

失業後、すぐに再就職できるならいいのですが、そのあてがないという人は事前に失業対策をしておいたほうがいいでしょう。ですが、問題は何から情報を得るのがいいのかということです。これについては、書籍がたくさんありますので、購入して失業したときのために役立てましょう。


退職してトクする失業生活バイブルや300万円得する!『会社の辞め方』完全ガイド 年金博士・北村庄吾 責任編集 大失業時代を生き抜く知恵、退職のトリセツ―いちばん得する会社の辞め方、新版ハローワーク150%トコトン活用術、他にも多数の書籍があるのですが、失業してから再就職までに必要な知識を、こうした書籍から得ておくのがおすすめです。


なお、ある程度古い書籍の中には行政制度が変わっているために使えないノウハウがあるかもしれません。そういう書籍の場合は使えるところだけ役立てることにして、足りない知識は新しい書籍から補うというのもいいでしょう。


辞めることを決意している人以外は働いているうちからあまり失業したときのことは考えないかもしれませんが、明日勤め先が潰れるということもあり得るのです。もしものときの備えとして、失業や再就職のことを取り扱った書籍を読んでおくといいでしょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome