パートナー社員の失業と再就職

パートナー社員、いわゆるパートが失業してしまうケースとしては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。解雇理由を見ていきましょう。

よくある失業の理由としては店舗の改装、仕事に関する教育をろくに受けられず急に解雇、正社員からパートに降格後、業務が多くなり残業拒否をしたところ解雇、労働基準監督署に賃金未払いを報告したことにより解雇などがあります。この他、いじめを受けることになり、自己退職を余儀なくされるというケースもあるといわれています。


低賃金で多くの業務をこなしてほしいなど、雇う側にも思惑があるのでしょうが、やはり適切な理由もないのに失業するというのは悔しいものです。なので、もし不当解雇と思えるような事態に直面した際には、労働基準監督署に話をしてみましょう。


職場に貢献したいという気持ちがあり、精一杯頑張ってきたという人ほど許せない思いも強くなるものです。しかしながら、労働基準監督署へと相談に訪れたあとは、再就職に向けて行動していったほうがいいのです。再就職先が良い職場環境であれば、充実した毎日を送ることができるようになるでしょう。


どうしてかというと、仮に訴訟問題に発展して解雇がなかったことになっても、余計に辛い立場に置かれてしまう可能性があるからです。これまで勤めてきたところに固執する気持ちは理解できなくもありませんが、再就職をして新しい環境で頑張っていくほうが、精神衛生的にも良いのではないでしょうか。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome