よくある解雇理由は何か

よくある解雇理由としては、以下のようなものがあります。


・早退や遅刻をよくする


・うつ病などの疾患がある


・業務をこなす能力が劣る


・業務命令に従わない


・会社にマッチした人材でない

なんとなくわかると思った人もいるでしょうが、実はこれらはいずれも正当な解雇理由にならないことが多いといわれているのです。このことを知らずに失業し、再就職を余儀なくされている人は意外と少なくありません。


また、中には上記の解雇理由を人より劣っているという見方をして当然と思っている人もいるでしょうが、病気はまだしも能力などに関しては雇う側が指導する義務を負っているのです。そのため、こうしたことを理由に突如としてクビにするのは正当ではないといわれているのです。


それから、多いのは自己都合退職により失業、再就職活動をしている人たちです。経験がある人ならわかるでしょうが、自己都合退職は再就職をする上で不利になります。失業保険の給付にも影響があるため、再就職をするまでの生活にも影響が出ます。


そのため、もしこのようなよくある解雇理由でクビになりそうな状況になったら、ひとまず労働基準監督署に話をしてみると良いでしょう。また、労務士や弁護士なども大きな助けとなってくれるはずです。自分だけでは手に負えないような問題も、解決に繋がる可能性が高まります。


ただ、そもそも不当な解雇を平気でするようなところにいるというのも考えものですから、自己都合退職を回避できたら気持ちを切り替えて、良い再就職先を探すための活動に力を入れましょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome