解雇通知書とは一体何なのか

解雇されるときには、解雇通知書を雇われている人が受け取ることになります。これは解雇される30日以上前に通知を行わなければならず、郵送の方法をとるのであれば、配達証明付内容証明郵便で届けるのが正しいといわれています。

また、解雇通知書にはどうして解雇されるのか、いつ解雇されるのかということが書き込まれています。これらがきちんと記されていなければ、正当な解雇とはならないでしょう。


ちなみに、解雇通知書が渡されたというだけで、解雇されることをOKしたという話ではありません。それから、解雇通知書が欲しいという際には、雇用者に解雇通知書を渡すように求めなくてはいけません。


実はこの解雇通知書は失業保険と関係していて、これがあれば失業保険の給付制限がなくなる他、支給日数が長くなる可能性が高まるのです。このあとの再就職に影響してくることですので、解雇通知書を出ししぶるような場合は内容証明郵便で渡すように求めるといいでしょう。


特に解雇というのは雇われている側に非がない形での失業ですので、雇用者には誠意ある対応を求めたいところです。なお、この解雇通知書を渡すことは、労働基準法によって義務化されていますので、解雇される側は受け取る権利があるのです。


また、万が一問題が発生した際には、確かに解雇されたという証拠にすることも可能です。失業すると再就職先を探さなくてはならず悔しいでしょうが、必ず解雇通知書は受け取りましょう。不当な解雇は解消を求めることができますが、会社ともめてストレスフルな生活を送るより、再就職に期待を込めたほうがいいでしょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome