男性とは事情が異なる女性の失業~再就職

女性は結婚や妊娠を機に失業するという人が多くいます。しかしながら、そのまま失業しているわけではなく、再就職をしようとする女性もいるのです。

このとき、何か専門職の資格を所有していたり、経験豊富な職種があったりすると、それを活かせるところに再就職できる可能性が高くなります。しかし、ブランクが長い、資格や経験がない場合には、再就職が困難になる可能性もあります。


特に子供がいる場合には、育児支援に積極的なところでないと再就職が厳しくなります。子供がいても自分は仕事がしたいと思うのでしょうが、実際には休日出勤に対応できない、残業が不可能、子供が病気になるなどしたときには早退しなくてはいけないという問題が出てきます。


せっかく再就職できたとしても、このようなことがたびたび起きていると勤め先にいづらくなる可能性があります。そうなるとまた失業、再就職というように繰り返すことになりますので、女性の再就職は男性より厄介なことになるケースが多いのです。もし、実際に再就職をすることになったのなら、子供の面倒をみる協力者がいるか、育児支援のあるところなのか、しっかり確認しておきたいところです。


なお、女性が再就職をする際には、結婚や出産の予定がないか面接で質問されることがあります。このことを不快に思う人は少なくありませんが、雇う側としてもすぐに辞められては困るわけですから、質問には正直に答えるようにしましょう。ただ、結婚して子供が生まれても仕事を継続するというような回答をすると育児支援をしていないところでは不利になるようですので、予定がないならないというくらいにとどめておくのが無難です。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome