若者を支援してくれるYESプログラムで再就職を目指す

せっかく仕事が決まったのに、残念ながら長く勤めることができず失業してしまうという若者が多くなっています。もう一度チャンスがほしいと思っている人は、YESプログラムを活用してみてはいかがでしょうか。

YESプログラムというのは、厚生労働省による若年者就職基礎能力支援事業のことをいいます。就職基礎能力という企業に必要な人材となるために欠かせない能力を知ることができるようになっていて、能力を身に付けるための認定教育機関や認定講座、それから認定試験の情報提供を行うことにより、どのような能力があれば就職で有利になるのかわかるようになっているのです。はじめて就職する人にとっても有用ですが、失業後に再就職しようという若者にとっても大変価値があるものといえるでしょう。


就職基礎能力にはコミュニケーション能力、職業人意識、基礎学力、ビジネスマナー、資格取得が含まれていて、これらを講座や試験により身に付け、申請を行うことにより証明書を受け取ることが可能となっています。なお、この証明書を取得した場合には、履歴書に記載することができます。


失業後、再就職に向けて何をすべきなのかわからないという人は、YESプログラムを利用して準備を整えていってはいかがでしょうか。15~24歳の若い世代の人を対象としていますので、該当する年齢の人は再就職に向けて必要な能力を身に付けるようにするといいでしょう。なお、利用にあたってはウェブサイトをチェックし、実際に利用した人の感想を確認しておくと良い参考になるのではないでしょうか。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome