失業認定申告書のことを把握する

kakunin.gifハローワークに対し、再就職する気持ちがあるということを知らせるため、失業認定申告書の提出が必要になります。失業後、ハローワークを訪れたら求職申し込みや離職票の提出を行いますが、このあとには受給説明会のスケジュールが教えられます。

なお、受給説明会に参加した際には、雇用保険制度に関すること、初回の失業認定日に関することなどの説明を受けます。失業認定というのは、4週間ごとに行われる形になります。


注意しなければいけないのは、何もしなくても基本手当が支給されるわけではないということです。再就職先を探す活動を初回の失業認定日までに1回は行わなくてはいけませんし、このあとの認定日までに2回以上再就職先を探す活動をしたという実績を残さなくてはいけないのです。


この再就職先を探す活動というのは、求人に申し込みをしたこと、ハローワークが実施する職業紹介、職業相談などを利用したこと、各種講習やセミナーに参加したこと、再就職に繋がるような資格試験を受けたことなどを指しているのです。単に求人情報の閲覧を行うとか、人に再就職として良さそうなところを紹介してもらうというくらいでは、適切な求職活動とはならないのです。


ちなみに、基本手当を受け取ることができるタイミングを知りたいという人もいることでしょう。これに関しては待機日が終わり、失業認定が済んだあとという形になります。このあと1週間くらいが経過すると基本手当の受け取りが可能となります。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome