失業保険の算出方法

keisan.gif失業保険の算出方法を知りたいという人もいるのではないでしょうか。少し難解だと感じる人もいるでしょうが、順番に確認していきましょう。

まず、離職日の直前6ヶ月間で月々受け取っていた賃金(ボーナスなどの一時的な収入は除くが、通勤手当や住宅手当のように毎月受け取っていたものは含める)の合計金額を180で割り、その金額のおよそ50~80%が基本手当日額として決定されることになります。


それから、失業したときの年齢が29歳以下、65歳以上で賃金日額が4,180円に満たない人は給付率が80%という形になります。また、4,180円以上~12,130円以下の場合は50~80%という給付率に決定されます。


なお、基本手当日額というのは限度額がありますが、これと賃金日額はどちらも毎年8月1日に再度決められることになっています。そのため、実際に失業するような状況になったら、その年に決められた金額を確認しておくと良いでしょう。


失業保険の金額というのは、再就職までの生活に少なからず影響しています。また、長く雇用保険に入っていたことからしばらく再就職のことを考えなくていいと思う人もいるようですが、最も長い場合でも基本的に150日に渡って給付を受けることしかできませんので、早めに再就職に向けて行動しないと給付が終わったあとも仕事が決まらないという状況に陥るでしょう。


失業保険の給付は確かに再就職までの生活の助けになりますが、あまり頼り過ぎないようにしたいところです。できることなら失業前になるべく貯蓄をしておきたいところです。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome