失業保険需給中のアルバイトに注意

baito.gif失業中、再就職するまでのあいだ、アルバイトをしたいという人もいるのではないでしょうか。このとき、失業給付を受ける場合には注意しなくてはいけないことがあります。

まず、失業期間中のアルバイトに関しては、4週間に14日以内、1週間に20時間以内、1週間に3日以内しか認められないのです。さらに、パートタイマーも含め、1年間以上に渡りはたらく見込みがあり、なおかつ1週間に20時間以上勤務していると、失業という形にはなりません。


それから、待機中からアルバイトをスタートするという人がいます。しかし、仕事をしただけ失業保険の給付がスタートする日があとにズレ込んでしまうため、アルバイトをするなら待機中は避けるのが無難です。


また、受給しているときも、待機しているときも、アルバイトを行った場合には申告を行わなくてはいけないと決められています。これをしない場合、不正受給ということになり、失業保険の受給資格がなくなってしまいます。場合によっては、返還などを求められることもあるのです。なお、給付制限期間のあいだはハローワークへの申告は求められませんが、このときに雇用保険の加入資格を得ると失業扱いになりませんので、注意しなくてはいけません。


失業し、再就職するまで失業保険の受給を受けようという場合は、こうしたことに気を付けなくてはいけないのです。スムーズに再就職するためにも失敗したくないという人は、失業保険に関する書籍を読むなどして、詳しい知識を身に付けておくというのもいいですね。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome