絶対にしてはいけない失業保険の不正受給

husei.gifアルバイト、パートタイマー、日雇いの形で働く、自営業を始めるなどの事実を、失業認定書による申告を行わない、内職などをしたことやそれで得た収入を隠蔽したり、嘘の申告を行う、就職しようという気持ちがなく、失業給付期間が終わったら年金を受け取ろうという考えているのに、失業認定申告書で嘘の申告を行う。このような場合には失業保険の不正受給になってしまいます。

わざと不正受給をしようとしたり、実際にした場合、ひどい場合には詐欺罪で告発が行われる可能性があります。また、支給停止や返還命令、納付命令の処分を受けることにもなるでしょう。当然のことながら、不正受給は絶対にしてはいけないものなのです。


支給停止の処分になると失業給付を受け取ることがストップされますし、返還命令が出ると不正により受け取った金額を全て支払わなくてはいけなくなります。また、納付命令を受けると不正により受け取った金額の倍額以下を支払わなくてはいけなくなりますし、無視していると最悪の場合、財産差し押さえという処分が下されることになります。こうなるともう、再就職どころの話ではありません。


中には再就職するまでのあいだ上手くやれば大丈夫と高をくくっている人もいるかもしれませんが、いろいろな形で不正受給というのは発覚するのです。なお、不正受給に事業主が関与しているようなケースでは、事業主も連帯責任になります。事業主にも不正受給に関する支払い命令が行われるのです。再就職まで金銭的に厳しいという事情があったとしても、正当な方法で資金を調達する手段を考えるべきでしょう。


  • ページトップPage Top
  • トップページHome